ステムベアリング交換 タイトル

【症例:フロントフォークからのオイル漏れ】

ステムを外すとまず気になるのはグリス切れでした。どうやらグリスが切れている状態のまま乗り続けたのが原因だと容易に想像できました。ベアリング受けに傷がついていますが、これは金属同士が接触した為のようです。傷そのものは爪にひっかかる程度ですが、ハンドルのブレ、真直ぐ走れないという症状の原因として十二分に考えられる原因です。

ステム側ではベアリングを外し、車体側ではレースを外します。ステムベアリングにはグリスアップを施します。

車体の取付け時にもレースに十分なグリスアップを行います。今回のバイクはステムベアリングの下側がテーパーローラーベアリングと言って一体式のベアリングですが、上側は昔からあるボールタイプのもので組み立てが少々面倒です。

まず新品ベアリングを組み込んだステムを車体にはめて、その後ひとつひとつボールを置いていきます。この時、あらかじめ塗っておいたグリスがボールの落下を防いでくれます。

ボールをすべて置いたらレース、ダストシールを載せてステムナットを締めます。締め付け加減が重要で締め過ぎればスムーズに動かなくなり、また緩いとガタつきが発生してしまいます。コツとしては、一旦しっかりと締めて、その後スムーズに動くところまで緩めていきます。

あとはオーバーホールしたフォークを組み立てて、他のパーツも組み立てていきます。ひとつ組む毎に作動するかチェックしつつ、不具合があれば再度点検しつつ作業を進めていきます。

作業も大詰め。フォーク周辺部です。

今回、フォークオイルがブレーキパッドにまで染み込んでしまっていて、ローターを清掃、脱脂しても効果がなかったので、ブレーキパッドも新品にしました。
余分な出費と言えるかも知れません。早めのチェック、修理。そう、早期発見、早期治療。人間と同じかも知れません。
今回、フォークについてはオイルが漏れる症状が出てからのことで、インナーチューブがうっすらと湿っていたり、普段見なれないリング(茶色い、黒い、半透明)が出たらオイル漏れの前兆ですから、相談してください。

ステムベアリングについては(本当はやってはいけませんが)手放しでハンドルから細かいブレが出たり、ブレーキをかける度に「コトッ」という感じの振動が出たらベアリング不調の疑いが強いといえます。

フォークにもステムベアリングにも言えるのがエンジンオイルのように簡単に交換が出来ないし、いつの間にか忘れてしまっていることが多いということです。トラブルが起こってから交換ではなく、早期交換がバイクの寿命を伸ばす決め手です。ステムベアリングは放っておくとハンドルの自由度が奪われてしまい、転倒の可能性もあります。フォークオイルの漏れは今回のようにブレーキの効きを損なうこともありますから、気を付けましょう。

>> フロントフォークオーバーホール編はコチラ